パパママぼくの脱原発ウォーク in武蔵野・三鷹 2017年「希望のエリア平和宣言」
「希望のエリア平和宣言」

今年も夏がやって来ました。 8月は私たちにとって忘れることの出来ない月です。
8月6日、9日に広島と長崎に相次いで落とされた原子爆弾により数多くの何の罪もない人々が亡くなられ、72年が過ぎた今もたくさんの方々が被爆による放射能の病に苦しんでいます。
世界で唯一の被爆国として、毎年広島と長崎で平和の祭典が行われ、今年は7月に、国連で核兵器禁止条約が可決されました。
これは世界平和の為の大きな第一歩であると確信しています。
しかし、唯一の被爆国である日本は、その話し合いの場すら参加しませんでした。
広島市平和宣言では「市民社会は、既に核兵器というものが自国の安全保障にとって何の役にも立たないということを知り尽くし、核を管理することの危うさに気付いてもいます。」
と、核抑止力論を否定し核兵器禁止条約にも触れ、各国為政者の努力を要求しました。
しかし安倍総理は、核兵器禁止条約に一言も触れるどころか、核大国の核兵器占有を認める「NPT運用検討会議の成果に期待する」等と時代遅れで国際社会の議論にもついて行けないメッセージを読んだに過ぎませんでした。
今年の式典は核兵器廃絶への現実的な希望が語れるはずなのにです。
安倍政権による戦争への道程には核廃絶は不必要だと判断したのでしょうか。
国連議場の日本の机には「あなたがここにいて欲しかった」と書かれた白い折り鶴が淋しく置かれていました。

私たち市民は平和の内に生まれ、平和の内に生きる権利があります。 そして核兵器のない社会、戦争のない、核に脅かされることのない世界を強く望んでいます。 日本は戦争の悲惨さからの反省に立ち永久に戦争を放棄する素晴らしい憲法を持っています。 この平和憲法を守り、未来の子ども達へ手渡して行く事こそ、国際社会への平和貢献であると信じます。

福島における原発過酷事故を経て、未だに原発に頼ろうとする日本政府に対して、原発再稼働をやめ、脱原発社会を目指そうと世界に発信する事こそ、今日本に要求されている事なのではないでしょうか。 私たちは福島の大地に、東北の大地に対する謝罪と、未だに帰る事も出来ない避難者、被害者の皆さんに対する完全なる補償を求めます。

沖縄では基地の無い社会を求めるたたかいが今この時も続いています。 これは沖縄だけのことではありません。 基地は沖縄だけではなく岩国や横田など日本のあちこちに点在しています。これらの基地問題も平和の名のもとに解決への道を探るべく日本政府に求めます。

この数年、私たち市民は、市民の間にも共闘の気運が高まり、その結果として野党共闘を導きました。 日本と世界の平和のためにもこれからますます市民の間の共闘が求められていると感じます。 平和の一点で市民が繋がった時、そしてそれが世界に広がった時、初めて世界平和への道が開けるものと確信します。

私たちは、日本政府に対し、核のない世界を推進し、平和憲法を守り、原発再稼働をやめ、原発事故被害者に完全な補償を求め、沖縄の基地撤廃を求めます。 貧困や格差や差別の無い社会、戦争も核も武器も、基地もない世界を希求し、平和を求める市民による、大きく豊かで確かな共闘を心から呼び掛けます。 これを希望のエリア平和宣言とします。


2017年8月11日

国会前希望のエリアスタッフ一同

20622223_1421767637908517_8159326854698403231_n.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://papamama1106.blog.fc2.com/tb.php/116-d13bc88d